下腹の太りを解消するなら効果的なダイエットが必要!

食事が原因

いつの間にか下腹にたっぷり肉がついてぽっこりお腹になってしまった、なんていう人は特に女性の方に多いのではないでしょうか。知らないうちに下腹に肉がついてしまうのは食事が原因と考えられます。

肉好き、脂っこい食事が大好き、いつもお腹いっぱい食べてしまう、夜遅くまでモノを食べる、間食の習慣がある、食事時間が不規則など、食事内容や食習慣において問題があるとすぐに下腹がぽっこりお腹になってしまいます。特に糖質や脂質の多い食べ物が好きで、ほとんど毎日ケーキや甘いお菓子を食べてしまうような女性は下腹太りの予備軍と言ってよいと思います。

筋力の低下

下腹にある腸などの臓器は外からの衝撃を守ってくれる骨がありません。骨の代わりに筋肉や肉が下腹の臓器を守っているのです。しかし、筋肉が落ちてしまうとその部分に脂肪がたまり始めます。そう考えると脂肪は下腹の臓器を守ってくれる大切な役割があると言ってよいのです。

しかし、下腹につきすぎた脂肪は臓器を守ると同時に臓器の働きを阻害して健康に害を及ぼしてしまうことにもなるのです。特に女性は男性に比べて下腹の筋肉がつき難く落ち易いので知らないうちに下腹にたっぷりと脂肪がたまってしまうことは珍しくありません。

ぽっこりお腹を解消するには効果的なダイエットが必要

脂肪がたっぷりついたぽっこりお腹を減少するには下腹の脂肪を減らせる効果的なダイエットに取り組む必要があります。ぽっこりお腹を減少できるダイエットの基本は、下腹にたまった脂肪を燃やして減らすと言うことになると思います。

下腹に蓄積された内臓脂肪は燃え易いので燃やして減らすのがいちばんの早道となります。下腹の内臓脂肪を落とす効果的なダイエットは運動です。もちろん摂取カロリーを抑制する食事制限でもぽっこりお腹を減少させることは可能です。

しかし、少しでも早くダイエット効果を得たいのなら、やはり運動に取り組むのがいちばんと言えます。オススメの運動はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。有酸素運動では20分以上続ければ内臓脂肪が燃え始め、20分以降は運動をしている限り脂肪は燃え続けます。取り組めば取り組むほどぽっこりお腹を減少させられます。筋トレやストレッチ運動もよいです。レッグレイズと言われている足上げの筋トレ運動は下腹部の脂肪に効果的です。

内蔵脂肪が下腹にたまる理由

下腹にたっぷり肉がたまってお腹が出っ張ったリンゴのような体型になる「リンゴ型肥満」と言われているのは内臓脂肪が原因です。内臓脂肪がたまる主な原因は食事と運動不足です。

肉を毎日のように食べてしまう、天ぷらやとんかつなど脂っこい食事が大好き、バターや砂糖をたっぷり使ったケーキやドーナツを毎日のように3時のおやつで食べてしまう、腹いっぱい食べる、寝る直前まで間食する習慣があるといったように食事内容や食事の仕方に無頓着な人は内臓脂肪がたまり易くなります。

運動不足によって内臓脂肪がたまるのは筋肉量が減ったことによる基礎代謝機能の低下が原因と言えます。たとえば、食べる量は増えていないのになんか太ってしまうといった中年太りは基礎代謝機能の低下で原因です。

基礎代謝機能が落ちると消費カロリー量が減ってしまうのでどうしても摂取カロリー過多となって余ったカロリーが脂肪に合成されて体内に蓄積されてしまうのです。食事や運動不足による脂肪は特に下腹あたりにたまります。下腹には骨が無く肉によって下腹の臓器が外からの衝撃から守られているので筋肉でガードされていれば脂肪がつきませんが筋肉が落ちるとそこに脂肪がたまってしまうのです。

下腹ぽっこりの内臓脂肪はダイエットで落とす

下腹にたっぷりとたまってしまった内臓脂肪はダイエットで落とす以外に手段はないと思います。まず食事内容を徹底的に見直すことです。肉や脂っこい食事が多いのなら魚や野菜を中心とした食事に変えます。調理の時に油をたくさん使っていたら植物性油やオリーブ油などの中性脂肪やコレステロールになり難い油を少量だけ使うようにします。

内蔵脂肪の減少に役立つ食品などを摂ることも大切です。中性脂肪やコレステロールの減少に効果があるサバやアジなどの青魚に含まれるオメガ3脂肪酸はオススメの食品です。動脈硬化など生活習慣病の予防にもなるので毎日でも青魚からオメガ3脂肪酸は摂りたいところです。

内蔵脂肪を減らす運動では内臓脂肪が燃え易い運動に取り組むと特に効果が高いのです。下腹についた内臓脂肪は燃え易いからです。内臓脂肪を効率的に燃やせる運動はジョギングやウォーキングなどの有酸素運動となります。有酸素運動は内臓脂肪を体内で燃やすための酸素をたっぷりからだの中に取り込めるので脂肪が燃え易い環境にすると同時に効率よく脂肪を燃焼させられます。

便秘で下腹ぽっこりになってしまう理由

ぽっちゃりタイプで下腹もぽっこりといった人は多いと思いますが、痩せているのに下腹だけがぽっこりしているといった方もいると思います。下腹ぽっこりの痩せている人で普段から便秘気味という人は下腹ぽっこりの原因は便秘かもしれません。

便秘になると腸内に便がたまり始めます。頑固な便秘になるとカチカチに固まった便が腸壁にへばりついてしまった宿便というものになります。頑固な便秘で悩んでいる方では宿便を腸内に5~7㎏もため込んでしまっている人もいるようです。腸内にたくさんの便がたまり始めれば自然と腸がある下腹だけがぽっこり出っ張って来ます。

腸内に大量の便がたまると腸のぜんどう運動もかなり低下するので腸内の血流が悪くなります。体内にたまる脂肪は血流が悪くなった部分にたまり易いので、血流が低下した腸内に脂肪がたまり始めます。便秘による大量の宿便と脂肪の蓄積とのダブルパンチで下腹はどんどんぽっこりしてしまうのです。

便秘を改善すれば下腹ぽっこりも解消できる

便秘が原因で下腹がぽっこりしたのなら便秘を改善すれば下腹ぽっこりも解消します。便秘を改善するためには腸内で善玉菌を増やして増殖した悪玉菌を退治してやればよいのです。

腸内で善玉菌を増やすためにはビフィズス菌や乳酸菌を摂るのが効果的なので善玉菌が入ったヨーグルトがオススメです。加えて、善玉菌のエサになるオリゴ糖の摂取も効果的です。腸内で善玉菌のエサが増えれば善玉菌はどんどん増えます。

腸のぜんどう運動が低下したことでたまった脂肪は積極的に食物繊維を摂ることで解消できます。オススメはキャベツです。キャベツにはたくさんの食物繊維が含まれており、キャベツの食物繊維は腸内の脂肪を吸着して老廃物と一緒に便として体外に排泄する作用があります。

腸内で増殖した悪玉菌を退治するには腸内で善玉菌を優勢にすれば自然と悪玉菌は減っていきます。特に悪玉菌を積極的に退治したいのなら悪玉菌のエサとなる鉄分を奪い取ってしまえばよいのです。ラクトフェリンは鉄分と結合する性質があるのでラクトフェリンを飲めば悪玉菌のエサを奪い取って増えた悪玉菌を積極的に退治できます。

お腹周りの筋力低下に注意

下腹がぽっこりしている原因としては脂肪がたまっている、腸内環境が悪い、骨盤の歪み、腸下垂などの病気が考えられます。加齢とともに下腹がぽっこりしてきた、運動しなくなったら下腹がぽっこりしてきたという人では筋力の低下が原因として考えられます。

下腹部などのお腹の筋力は加齢とともに確実に落ちます。運動などまったくせずに1日中椅子などに座った楽な姿勢ばかりしている生活を続けるとすぐに筋力は落ちてしまいます。筋力が低下すると筋肉で支えてきた下腹部の内臓を支えきれなくなって正しい位置より下がってしまうことで下腹がぽっこりしてしまうのです。

筋力は30歳をピークにして1年間で1%程度低下すると言われています。筋力低下を放置すると運動などしなくてカロリーを消費できる基礎代謝機能も低下します。筋力が落ちて基礎代謝機能も低下した下腹部には脂肪が入り易くなるので下がった内臓のまわりに今度はどんどん脂肪が蓄積され始めてもっと下腹がぽっこりしてしまうといった悪循環にハマってしまうことになります。筋力低下による下腹ぽっこりを解消するためには落ちた筋力を復活させて基礎代謝機能を同時に上げてやればよいのです。

落ちたお腹まわりの筋力アップに効く運動

下腹ぽっこりの原因となる落ちたお腹まわりの筋力を復活させるためには筋トレがいちばんです。筋トレでも特にお腹まわりの腹直筋、腹斜筋、腹横筋の筋肉を刺激して筋肉量を増やせるような筋トレが効果的と言えます。

これら3つの筋力をアップできるオススメの筋トレは「腰上げ自転車こぎ」です。まず仰向けに寝ます。その状態で両手で腰を支えるかたちで腰から下の下半身を上に上げて、できれば足を垂直になるように上げます。そして、そのままの状態で両足で自転車のペダルをこぐようにして両足を交互に動かせばよいのです。

この筋トレは、先の3つの筋力アップとともに特に腸腰筋に刺激を与えて筋力がアップできるので下腹ぽっこりの解消にはバツグンの効果があります。また、足の位置が心臓より高くなるので全身の血流の循環も向上するので基礎代謝機能の改善にも効きます。

1回で1~2分程度続ければ十分でしょう。回数を決めて10~20回くらいこぐといった具合でも大丈夫です。これを1日に2~3セット程度根気よく毎日続ければ下腹の脂肪減少にかなり効果がでます。

下腹ぽっこりの原因は骨盤の歪みかも!

下腹がぽっこりしている人では脂質や糖質の多い食事などの摂り過ぎによる内臓脂肪の蓄積、便秘による大量の宿便がたまってしまったことなどが主な原因となるケースが多いと言ってよいでしょう。しかし、骨盤の歪みが原因で下腹がぽっこりしてしまう場合もあります。

骨盤が歪んでしまうと下腹部にある内臓が下がってしまい下腹がぽっこりしてしまうことがあります。骨盤の歪みによる下腹ぽっこりは特に女性に多くみられます。女性は男性に比べるとからだ全体の筋力は弱く、からだの内臓をしっかり支えている体幹と言われている筋力も少なく筋力だけで内臓を支えているのは難しくなってしまうのです。

女性では下腹部にある内臓を主に骨盤で支えている状態となります。しかし、骨盤はパソコン作業などの生活習慣によって歪みますが、特に女性の場合では出産や生理によって男性よりも骨盤が歪み易い体質となってしまうのです。

下腹部の臓器については女性だと子宮や卵巣など男性よりも臓器が多くなるので必然的に骨盤にかかる負担は大きくなって骨盤は歪み易くなってしまいます。骨盤で臓器を支えきれなくなると重力に従って下へ下へと垂れ下がってしまうので下腹に垂れ下がった臓器がたまってぽっこりしてしまうのです。

さらに骨盤の歪みで本来あるべき位置にある臓器が垂れ下がると腸を圧迫することにもなり腸の働きを低下させて便秘を誘発する可能性が高くなります。便秘になると腸内に便がたまり始めて脂肪も蓄積され易くなるのでさらに下腹はぽっこりしてしまう悪循環にハマりこみます。

歪んだ骨盤はストレッチ運動で治して下腹もスッキリ

歪んだ骨盤を元に戻して垂れ下がってしまった臓器を元の位置に戻してやれば下腹ぽっこりは解消できます。骨盤の歪みを治すためにはストレッチ運動がいちばんです。

骨盤の歪みを治すストレッチ運動でのステップ1は、骨盤を左右に動かすことです。肩幅に足を開いて立ち、手を腰に当てた状態で左右10回ずつ腰だけを左右交互に動かします。

ステップ2は、骨盤を前後に動かすストレッチ運動となります。ステップ1と同じレディーポジションで前後に10回ずつ腰を動かします。

ステップ3は、骨盤で円を描くように動かす運動となります。同じレディーポジションから右回り左回りと交互に10回ずつ大きく円を描くように腰を回します。たった3ステップで完了です。

太らないような食事をする!

下腹部がぽっこりしてしまうのは骨盤の歪みによって下腹部の内臓が垂れ下がったことが原因となる場合があります。特に女性の場合には骨盤の歪みが原因になるケースは多いと考えられます。が、男性の下腹部ぽっこりでは太るような食事を続けたことが原因となります。太るような食事を続けないことが下腹ぽっこりを避ける有効な対策になると言ってよいのです。下腹に脂肪がたっぷりとたまってしまうのは肉や脂っこい食事の摂り過ぎや食事の食べ過ぎによる摂取カロリー過多となります。

食事から摂ったカロリーは基礎代謝機能などによってエネルギーとして消費されます。が、摂取カロリーが多過ぎると消費し切れないカロリーが余って、それが脂肪に合成されて下腹などに蓄積されてしまうのです。太るような食事はすべて脂肪分や糖分の摂り過ぎによる摂取カロリーオーバーとなります。しかし、摂取カロリーと消費カロリーとのバランスをしっかり考えて摂取カロリーを抑えて消費カロリー量を上げるようにすれば太るのを避けられるので下腹部にも脂肪がたまらなくなります。

太らないような食事について

太らないような食事をするための基本は低カロリーで高タンパク質の食事となります。具体的には、肉なら良質のタンパク質が摂れる鶏肉のささみがオススメです。鶏肉のささみは脂肪になり難く、プロサッカー選手などのトップアスリートはたくさんの鶏肉のささみを食べて良質なタンパク質を補給しています。

豚肉も筋肉量をアップできる太り難い肉となります。豚肉にはダイエットに効果的なカルニチンが多く含まれているので内臓脂肪の減少に役立ちます。ただし、食べ過ぎると太ってしまう原因になってしまうので摂取量には注意が必要です。

血中の中性脂肪やコレステロール値を下げてくれる作用があるオメガ3脂肪酸をたくさん含んだ青魚も太らない食事としてオススメです。中性脂肪やコレステロールは脂肪に合成され易く内臓脂肪にもなり易いので中性脂肪やコレステロール値を下げてくれると太り難い体質へと導いてくれます。

炭水化物について白米は糖質が多いので太る食事と言えます。糖質は脂肪に変わり易いので太る原因になってしまうのです。白米よりも糖質が少なくて血糖値の上昇も穏やかな玄米や雑穀米が太らないような食事としてオススメです。

基礎代謝機能を上げる!

加齢や運動不足によって下腹がぽっこりしてきたと感じたら、それは基礎代謝機能が落ちたからかもしれません。30代をピークに基礎代謝機能は自然と低下します。基礎代謝機能とは運動もなにもせずに日常生活を営む上だけでエネルギーが必要になる基礎消費量となります。

基礎代謝機能が高ければ基礎エネルギー消費量も多くなるので食事から摂ったカロリーはエネルギーに変換されて消費され易くなるのでカロリーが余り難くなります。余ったカロリーが少なければ脂肪に合成されて体内にたまる可能性も低くなります。

しかし、基礎代謝機能が低いと基礎エネルギー消費量も少なくなるので食べ過ぎでなくてもカロリーが余りがちとなってしまうことで脂肪に合成されて体内に蓄積され易くなってしまいます。内臓脂肪がたまり易いと言うことです。

体内に蓄積されてしまう脂肪は骨などで臓器が守られていない下腹部に特につき易くなります。脂肪はエネルギー源になるとともに臓器を外からの衝撃から守る役目をします。20第のころと食事量は変わらないのに30代になったら下腹がぽっこりするようになってしまったなどの中年太りは基礎代謝機能の低下が原因なんです。

基礎代謝機能をアップさせて下腹ぽっこりを解消

基礎代謝機能の低下が原因で下腹に脂肪がたまったぽっこりお腹は基礎代謝機能をアップさせてやれば解消できると思います。基礎代謝機能は筋肉量と深い関係があります。基礎代謝機能が低下するのは筋肉量の低下が原因となります。

年を取ると自然と筋肉量は減るので基礎代謝機能も低下します。運動不足だと筋肉量がどんどん低下するのでそれに伴って基礎代謝機能も落ちます。基礎代謝機能をアップできるように筋肉量を増やすためには筋トレがいちばんです。

腹筋や背筋の筋トレは特に下腹部の筋肉を刺激して筋肉量を増やせるので下腹部痩せには効果が高いのです。スロートレーニングによるストレッチ運動も手軽にできる筋肉量アップの筋トレとなります。

ゆっくりと息を吸いながら筋肉を伸ばして伸ばした状態で10~15秒くらい静止して、今度は息を吐きながらゆっくりと10~15秒くらいかけて元の状態に戻してやるといったストレッチ運動となります。スロートレーニングの筋トレではダンベルやバーベルを使った筋トレと同じくらいの負荷が筋肉にかかるので筋肉量を上げて基礎代謝機能をアップさせる良い方法となります。

内臓脂肪を減らせる対策

中年以降に急に下腹がぽっこりしだした人は下腹に内臓脂肪がたまったのが原因と考えてよいと思います。20代のころと比べて30代以降になると食事から摂ったカロリーをしっかりエネルギーに変えて消費し切れなくなります。カロリーが余るようになるとエネルギー源として余剰カロリーをどんどん脂肪に合成して体内にため込もうとします。脂肪が体内にたまり過ぎるのは問題となります。脂肪がたくさんたまり始めると臓器のまわりに脂肪がたっぷり蓄積されてしまう内臓脂肪型の肥満となり臓器の働きを阻害するだけでなく高血糖症や高血圧などの健康被害を及ぼすからです。

下腹部は特に脂肪がたまり易い部分であり、下腹にたくさん脂肪がたまって肝臓の臓器の働きを阻害してしまうと脂肪肝や肝硬変、肝がんの原因となります。腸に脂肪がたくさんたまると腸のぜんどう運動が阻害されて便秘の原因になります。下腹部に蓄積された内臓脂肪は単に下腹ぽっこりといった体型の問題だけでなく病気の原因にもなってしまう可能性があるのです。

下腹ぽっこりにはしっかりした内臓脂肪対策が必要

下腹に内臓脂肪がたまってぽっこりしてしまったら内臓脂肪を減らせる対策にしっかり取り組んで1日も早く内臓脂肪を減らしてスッキリした下腹になるように努力してください。

内蔵脂肪を落とすには食事療法と運動療法が効果的です。下腹に内臓脂肪がたまるのはカロリーの摂り過ぎなのでできるだけ食事から摂るカロリーを抑えることが必要です。肉や揚げ物などの高カロリーな食事をしているなら魚や野菜を中心とした食事に切り替えます。炭水化物の摂り過ぎは脂肪をため込んでしまう原因となるのでなるべく炭水化物の摂取量を減らします。

摂取カロリーのコントロールに加えて、下腹にたまった内臓脂肪を減らせるような食事も大切です。青魚に含まれているDHAやEPAは中性脂肪やコレステロール値を下げる効果があるので脂肪がつき難いからだにすると同時に内臓脂肪を減らす効果もあります。食物繊維の摂取も必要です。特にキャベツは食物繊維が豊富でキャベツの食物繊維はからだの脂肪を吸着して体外に排泄する作用があります。

運動をして内臓脂肪を減らすのも重要です。下腹の内臓脂肪は燃え易いので体内で燃やし易い運動が効果的です。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は脂肪を燃やし易い運動となります。

運動で下腹ぽっこりを解消

運動しないと下腹ぽっこりになってしまう可能性が高くなります。なぜなら、食事から摂ったカロリーが余りがちとなって余剰カロリーが脂肪に合成されてどんどん体の中にたまってしまうからです。さらに運動不足になると筋力がどんどん落ちてしまうので基礎代謝機能が低下することで基礎エネルギー消費量が落ちることでも脂肪がたまり易くなるのです。脂肪はからだの中でも脂肪がたまり易い下腹部につきます。

運動しないと腸のぜんどう運動も鈍くなります。腸の働きが低下すると腸内の血流も落ちます。脂肪は血流が悪くなったからだの部分につき易くなるので腸内に脂肪がたまり始めて下腹ぽっこりになります。

下腹ぽっこりは運動で解消しよう

下腹にたまった内臓脂肪は運動することで減らせます。内臓脂肪は燃え易いので内臓脂肪を燃やせる運動は下腹ぽっこりの改善にとても効果があります。内臓脂肪を効率的に燃やして消費できる運動はウォーキングやジョギング、エアロビクスやスイミングなどの有酸素運動です。

有酸素運動は内臓脂肪が体内で燃えるために必要な酸素をたくさん取り込めます。筋トレなどの無酸素運動よりも内臓脂肪を燃やすにはうってつけの運動なのです。有酸素運動は運動を続けている限り脂肪を燃やし続けることができます。

ウォーキングやジョギングなら20分くらい行えば体内で脂肪が燃え始めます。20分以上なら運動している間はずっと脂肪が燃え続けて消費できます。

筋トレも下腹にたまった内臓脂肪を減らすのに役立ちます。下腹についた脂肪に直接に働きかけられる腹筋などの筋トレは特に効果的です。下腹ぽっこりに効く筋トレでのポイントは「ひねり」の動作を加えた筋トレとなります。

腹筋でも単にからだをおこすのではなく、からだをおこす際に左右にゆっくりとひねり動作を加えてやると腹斜筋や腹直筋などを刺激できるので効果が高くなります。ただし、筋トレに取り組んで下腹ぽっこりを解消するときには無理な筋トレをしないことです。無理に筋トレをしてしまうと逆にからだを壊してしまいます。

筋トレは無理をしないていどの自分のペースで毎日長く継続して取り組むことがなによりも大切なのです。そして、筋トレのメリットは落ちてしまった筋肉量を上げて基礎代謝機能をアップさせて脂肪が燃え易い体質に作り変えられることなのです。

代謝量改善系サプリで下腹スッキリ

下腹をぽっこりさせてしまう内臓脂肪がたまってしまうのはからだの代謝量の低下が原因と考えられます。代謝量を改善してくれるようなサプリを飲めば下腹ぽっこりを解消してくれます。加齢とともに代謝量はだんだんと落ちていくので年を取ると下腹などのお腹まわりにどうしても脂肪がつき易くなってぽっこりしてしまうのです。しかし、代謝量の改善を促してくれるサプリを飲めば低下した代謝量をアップできるので下腹ぽっこりの解消は期待できます。

代謝量改善系のサプリでは低下した脂肪分解機能の働きを改善して脂肪分解を促す作用がある成分を含んでいます。その種のサプリは脂肪燃焼系サプリとも言われています。また、脂質・糖質の吸収をカットして体内への脂肪吸収を抑制するような代謝量改善系のサプリもあります。

いろいろな代謝量改善系サプリがあるので、自分のダイエット目的にピッタリ合ったサプリを選べば下腹ぽっこりの解消に大きな効果が見込めると思います。オススメとしては、フジフィルムから発売されている『メタバリアスリム』がよいと思います。代謝量改善改善系サプリの中では人気が高く、糖の吸収を抑制してくれるサラシノールの作用と代謝量の改善を促す作用があります。

腸内環境改善系サプリでも下腹ぽっこりを解消できる

痩せていて下腹ぽっこりの人は腸内環境で便秘などの問題を抱えているケースが多いのです。腸内環境で悪玉菌が増殖して荒れると腸のぜんどう運動が低下して便が腸内にたまり易くなってしまいます。頑固な便秘になると腸内にカチカチになった宿便を5~7㎏もため込んでしまう方もいるようです。たくさんの宿便が腸内にたまると下腹がぽっこりしてしまいます。腸内環境が乱れると腸の血流も滞りがちとなるので脂肪がたまり易い腸環境となってしまいます。便が大量にたまったところに脂肪が蓄積されるとどんどん下腹がぽっこりします。

しかし、腸内環境を正常に戻せば腸の働きも良くなるので便の排泄とともにたまった脂肪も排泄できるようになり下腹のぽっこりは改善できます。腸内環境を改善できるサプリは腸内で善玉菌の働きを強くして増やしてくれるものとなります。ラクトフェリンのサプリは善玉菌の働きを強くして善玉菌のエサにもなるので腸内環境を整えられます。また、悪玉菌のエサとなる鉄分を奪い取ってくれるので悪玉菌も退治してくれます。