太らないような食事をする!

下腹部がぽっこりしてしまうのは骨盤の歪みによって下腹部の内臓が垂れ下がったことが原因となる場合があります。特に女性の場合には骨盤の歪みが原因になるケースは多いと考えられます。が、男性の下腹部ぽっこりでは太るような食事を続けたことが原因となります。太るような食事を続けないことが下腹ぽっこりを避ける有効な対策になると言ってよいのです。下腹に脂肪がたっぷりとたまってしまうのは肉や脂っこい食事の摂り過ぎや食事の食べ過ぎによる摂取カロリー過多となります。

食事から摂ったカロリーは基礎代謝機能などによってエネルギーとして消費されます。が、摂取カロリーが多過ぎると消費し切れないカロリーが余って、それが脂肪に合成されて下腹などに蓄積されてしまうのです。太るような食事はすべて脂肪分や糖分の摂り過ぎによる摂取カロリーオーバーとなります。しかし、摂取カロリーと消費カロリーとのバランスをしっかり考えて摂取カロリーを抑えて消費カロリー量を上げるようにすれば太るのを避けられるので下腹部にも脂肪がたまらなくなります。

太らないような食事について

太らないような食事をするための基本は低カロリーで高タンパク質の食事となります。具体的には、肉なら良質のタンパク質が摂れる鶏肉のささみがオススメです。鶏肉のささみは脂肪になり難く、プロサッカー選手などのトップアスリートはたくさんの鶏肉のささみを食べて良質なタンパク質を補給しています。

豚肉も筋肉量をアップできる太り難い肉となります。豚肉にはダイエットに効果的なカルニチンが多く含まれているので内臓脂肪の減少に役立ちます。ただし、食べ過ぎると太ってしまう原因になってしまうので摂取量には注意が必要です。

血中の中性脂肪やコレステロール値を下げてくれる作用があるオメガ3脂肪酸をたくさん含んだ青魚も太らない食事としてオススメです。中性脂肪やコレステロールは脂肪に合成され易く内臓脂肪にもなり易いので中性脂肪やコレステロール値を下げてくれると太り難い体質へと導いてくれます。

炭水化物について白米は糖質が多いので太る食事と言えます。糖質は脂肪に変わり易いので太る原因になってしまうのです。白米よりも糖質が少なくて血糖値の上昇も穏やかな玄米や雑穀米が太らないような食事としてオススメです。

Writen by skxA8i