下腹の太りを解消するなら効果的なダイエットが必要!

食事が原因

いつの間にか下腹にたっぷり肉がついてぽっこりお腹になってしまった、なんていう人は特に女性の方に多いのではないでしょうか。知らないうちに下腹に肉がついてしまうのは食事が原因と考えられます。

肉好き、脂っこい食事が大好き、いつもお腹いっぱい食べてしまう、夜遅くまでモノを食べる、間食の習慣がある、食事時間が不規則など、食事内容や食習慣において問題があるとすぐに下腹がぽっこりお腹になってしまいます。特に糖質や脂質の多い食べ物が好きで、ほとんど毎日ケーキや甘いお菓子を食べてしまうような女性は下腹太りの予備軍と言ってよいと思います。

筋力の低下

下腹にある腸などの臓器は外からの衝撃を守ってくれる骨がありません。骨の代わりに筋肉や肉が下腹の臓器を守っているのです。しかし、筋肉が落ちてしまうとその部分に脂肪がたまり始めます。そう考えると脂肪は下腹の臓器を守ってくれる大切な役割があると言ってよいのです。

しかし、下腹につきすぎた脂肪は臓器を守ると同時に臓器の働きを阻害して健康に害を及ぼしてしまうことにもなるのです。特に女性は男性に比べて下腹の筋肉がつき難く落ち易いので知らないうちに下腹にたっぷりと脂肪がたまってしまうことは珍しくありません。

ぽっこりお腹を解消するには効果的なダイエットが必要

脂肪がたっぷりついたぽっこりお腹を減少するには下腹の脂肪を減らせる効果的なダイエットに取り組む必要があります。ぽっこりお腹を減少できるダイエットの基本は、下腹にたまった脂肪を燃やして減らすと言うことになると思います。

下腹に蓄積された内臓脂肪は燃え易いので燃やして減らすのがいちばんの早道となります。下腹の内臓脂肪を落とす効果的なダイエットは運動です。もちろん摂取カロリーを抑制する食事制限でもぽっこりお腹を減少させることは可能です。

しかし、少しでも早くダイエット効果を得たいのなら、やはり運動に取り組むのがいちばんと言えます。オススメの運動はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。有酸素運動では20分以上続ければ内臓脂肪が燃え始め、20分以降は運動をしている限り脂肪は燃え続けます。取り組めば取り組むほどぽっこりお腹を減少させられます。筋トレやストレッチ運動もよいです。レッグレイズと言われている足上げの筋トレ運動は下腹部の脂肪に効果的です。

Writen by skxA8i