運動で下腹ぽっこりを解消

運動しないと下腹ぽっこりになってしまう可能性が高くなります。なぜなら、食事から摂ったカロリーが余りがちとなって余剰カロリーが脂肪に合成されてどんどん体の中にたまってしまうからです。さらに運動不足になると筋力がどんどん落ちてしまうので基礎代謝機能が低下することで基礎エネルギー消費量が落ちることでも脂肪がたまり易くなるのです。脂肪はからだの中でも脂肪がたまり易い下腹部につきます。

運動しないと腸のぜんどう運動も鈍くなります。腸の働きが低下すると腸内の血流も落ちます。脂肪は血流が悪くなったからだの部分につき易くなるので腸内に脂肪がたまり始めて下腹ぽっこりになります。

下腹ぽっこりは運動で解消しよう

下腹にたまった内臓脂肪は運動することで減らせます。内臓脂肪は燃え易いので内臓脂肪を燃やせる運動は下腹ぽっこりの改善にとても効果があります。内臓脂肪を効率的に燃やして消費できる運動はウォーキングやジョギング、エアロビクスやスイミングなどの有酸素運動です。

有酸素運動は内臓脂肪が体内で燃えるために必要な酸素をたくさん取り込めます。筋トレなどの無酸素運動よりも内臓脂肪を燃やすにはうってつけの運動なのです。有酸素運動は運動を続けている限り脂肪を燃やし続けることができます。

ウォーキングやジョギングなら20分くらい行えば体内で脂肪が燃え始めます。20分以上なら運動している間はずっと脂肪が燃え続けて消費できます。

筋トレも下腹にたまった内臓脂肪を減らすのに役立ちます。下腹についた脂肪に直接に働きかけられる腹筋などの筋トレは特に効果的です。下腹ぽっこりに効く筋トレでのポイントは「ひねり」の動作を加えた筋トレとなります。

腹筋でも単にからだをおこすのではなく、からだをおこす際に左右にゆっくりとひねり動作を加えてやると腹斜筋や腹直筋などを刺激できるので効果が高くなります。ただし、筋トレに取り組んで下腹ぽっこりを解消するときには無理な筋トレをしないことです。無理に筋トレをしてしまうと逆にからだを壊してしまいます。

筋トレは無理をしないていどの自分のペースで毎日長く継続して取り組むことがなによりも大切なのです。そして、筋トレのメリットは落ちてしまった筋肉量を上げて基礎代謝機能をアップさせて脂肪が燃え易い体質に作り変えられることなのです。

Writen by skxA8i